住宅は人生で1番大きい買い物とも言われています。

その際利用する住宅ローンですがネットで情報を調べるとフラット35とフラット35sという2種類のプランがあります。

いったいこの2種類では何が異なるのでしょうか。

最初に言っておきたいのがどちらかを選ぶというものではなく購入する住宅が要件を満たしていると自動的に適用されるものです。

どういった面を見られるかというと、省エネルギー性や耐震等級3以上の物件かなどが入ります。

これらの条件を満たしていると特別金利のフラット35sが適用されます。

適用されるのでぜひ活用してください。

長期間固定金利で検討する人の多いフラット35ですが、金利以外にも申し込み前に確認しなければいけない内容があります。

それは事務取扱手数料や抵当権などの登記でかかる諸費用です。

他にも、銀行次第で繰り上げ返済時に手数料がかかるローンがあります。

事務手数料は借り入れ金額の2%くらいに設定されているのが多いようです。

また、借り換える場合、新たにローンを組むことになるので再度、事務手数料などの費用が発生します。

金利を下げて受けられる借り換えメリットとかかる費用を比べて借り換えを行わない決断をする人もいます。

ローン用語で親子リレー返済という言葉を聞いたことはありませんか?どういったものかというと親子2代でローンを返済しましょうというものです。

長期間固定金利のフラット35でも利用可能となっており、申し込みご本人の子・孫やその配偶者で安定した収入がある方など、3種類の条件を満たしている場合に組むことができます。

この制度の有効な状況としては、親子で同居をしている場合や、親が高齢で住宅ローンが組めない場合などに有効です。

新築を買う時だけでなく、借り換えや住み替えを行う時にも新築購入時だけでなく、借り換えや住み替えの時にもバリアフリー化を進めるためのリフォーム時にも利用できます。

住宅を購入する際の資金準備で強い味方になる住宅ローンですがローンなのでもちろん審査に落ちることもあります。

基本的にローンに落ちる可能性が高いとされているのは過去に公共料金などを滞納して信用情報にキズがある人や借り入れ希望額に対して年収が低いなどといった場合が挙げられます。

フラット35などほとんどのローンで言えることですが1年間の合計返済額が年収の約3割までになっているかという部分も大切です。

例えば、今回申し込むローンの返済額は年収の3割以下だったとしても現在、他に車のローンやリフォームローンが残っていて合計すると目安の約3割を超えてしまい断られることもあります。

住宅ローンや自動車ローンなどの長期の借入は、できるだけ早く返したいと思ってしまいますよね。

ただ、早く返す方法は繰り上げ返済を行うことしかありません。

利用者の多い住宅ローンの1種類であるフラット35を例にすると繰上げ可能額が100万円からに設定されていることが多いですが10万円から繰上げ返済可能という機関もあるようです。

その際、手数料が必要なローンと不要なローンがあるのでローンを選ぶ際はこの点も見るようにしましょう。

ボーナス併用払いでローンを組んでいる場合には、ボーナス月の請求がずれないように半年分の合計から可能なことが一般的なようです。

全期間固定金利ということで利用を考える人の多い住宅ローンの一つ、フラット35ですがどういったローンなのかTVCMなどを見てもいまいちわかりません。

メリットとしては全期間金利が変わらないので返済計画を立てやすいことや保証料が0円なこと、物件の住宅性能を重視した審査が行われること、繰上げ返済手数料がかからないことが挙げられます。

デメリットとしては原則、物件価格の9割までの融資になることや金利が変わらないので低く変動しても毎月の支払い額は変わらないこと、繰上げ返済が100万円から可能と銀行オリジナルのローンに比べ高額なことが挙げられます。

他にもメリット・デメリットは存在するので利用する際は確認してからにしましょう。

固定金利で選ぶ人の多いフラット35です

選ぶ際に金利以外で確認しなければいけない内容があります。

それは事務取扱手数料や登記などでかかる諸費用です。

基本的にフラット35では繰り上げ返済手数料はかかりませんが手数料が発生するローンもあります。

事務手数料は借り入れ金額の2%くらいが一般的なようです。

また、借り換える場合、新たにローンを組むことになるので再度、事務手数料などの費用を支払う必要があります。

金利を下げて受けられる借り換えメリットと諸費用を参照して借り換えを行わない人もいます。

住宅は一生のうちで1番大きい買い物とも言われています。

その際住宅ローンを組むと思いますが調べてみるとフラット35とフラット35sという2種類の名称のプランがあります。

いったいこの2種類のプランはどこが違うのでしょうか。

はじめに言っておきたいのが利用者がどちらかを選ぶというものではなく購入する住宅が一定の条件を満たしていると自動的に適用されるものです。

その要件の例としては、省エネルギー性や耐震性、バリアフリー性などが入ります。

中古物件を購入する際にもその条件を満たしていればまた、新築・中古かは関係なく活用できるのでぜひ活用してください。

住宅ローンについて調べているとフラット35と銀行の住宅ローンは何が違うの?という疑問を持っている人が少なからずいるようです。

フラット35とは銀行機関と住宅金融支援機構がコラボレーションした住宅ローンのことです。

民間の銀行では、長期にわたって金利を固定しての住宅ローン融資は資金の調達が難しいと言われています。

融資に対するリスクを住宅金融支援機構が取っています。

そのリスクを住宅金融支援機構が取っているんです。

金利が固定されているので支払額が一定で返済計画が立てやすいことが挙げられます。

デメリットとしては、基本的に物件価格の9割までの融資になることや繰上げ返済が100万円からと高額なことなどです。

住宅を購入するときに利用する住宅ローンですが多くの住宅ローンでは、購入する物件が決まってから事前審査を始めます。

事前審査の結果、ローンが組めないこともあります。

そういったことが起こらないようにいくらまで借りられるのか知りたいところです。

例えば全期間固定金利のフラット35取扱件数1位のアルヒが行っている「ARUHIの家検索」というページでは物件を決める前に事前に年収や毎月の返済予定額などから借入可能額が確認できます。

他の機関のHPにも借入シミュレーションがあるので物件探し時に必ずシミュレーションするようにしましょう。

予算が分かっていれば選択肢も絞られてくるので探しやすくなるのではないでしょうか。

人生で1番大きな買い物と言われる住宅ですがなかなか一括で買うという人はいないと思います。

住宅ローンで資金調達するのがほとんどだと思います。

その際、変動金利にするのか、固定にするのかが悩みの種です。

返済計画の立てやすさを重視する方はフラット35を活用しましょう。

2004年の開始当初から金利が低く推移してきているので長期間のローンを組むのに最適なタイミングといえます。

現在の住宅ローンでは変動型の方が1%近く低い数値に設定されていますが金利変動で毎月の返済額が高くなる可能性があります。

そのため、最終的に総支払額が割高になることもあります。

住宅を買う際にフラット35の利用を勧められることがあります。

多くの人はテレビで名称を聞いたことはあるくらいで実際にはどんな制度なのか、借りるための条件はあるのかといった詳細な情報は知らないのではないでしょうか。

このローンを契約するには、物件購入価格が1億円以下になっているか、床面積が基準以上の広さがあるかといった条件があります。

ローンの特徴としては、原則として物件価格の90%までしか借りられないことや全期間金利固定、保証料0円などが挙げられます。

金利が変わらないので急に支払額が上がるといったことが起きないので将来を見据えた返済計画が立てやすく無理なく返済できそうですね。